Top
代行運転管理システム「代行マスター」セキュリティー対策


セキュリティー対策
インターネットが普及し 便利になった反面 膨大な情報が溢れ出し、データの漏洩や不正アクセスなど 今やセキュリティー問題は避けては通れないものになってます。
当システムも世界に開かれたインターネットを利用してますので この問題を重要視し、セキュリティを強化したサーバーを利用した上、個人情報保護法に基づいた当システム独自の方法により、パスワードをはじめお客様の住所メールアドレスなど 重要なデータは全て暗号化して保存されます。 よってお客様のデータを不正に利用されたり漏洩することもありません。 また、バックアップ用にダウンロードしたデータファイルも暗号化してありますので、不正コピーされて悪用される心配はありません。
また システムへのログインをはじめ、データの変更などの重要な作業には 利用者個人個人のIDとパスワードを入力していただくことで、より一層のセキュリティー強化を行ってます。

システムが現在のログイン者を定期的に監視し、万が一 外部からの不正ログインまたは重複ログインが有った場合は警告メッセージが出ます。連絡を頂けばシステム管理者が即時対応します。

指定ホスト名以外のログイン制限ができます。
★ホスト名で制限した場合は 設定リストに記入した以外のホスト(接続プロバイダー)からはログインできなくなります。

システム内のデータ書換えが有った場合は管理ログに記録します。
★設定画面で記録内容をチェックできます。

大事なお客様の住所、E-Mailなどは暗号化した上でサーバーに保存しますので、サーバーの管理者でさえデータの不正利用はできません。

更に、セキュリティーをより強化するために社内サーバーを利用し、サーバー間の送受信を 暗号化するSSL通信を行うこともできます。